Er:YAGレーザー

ホーム  »  設備  »  Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザー

Er:YAG レーザーの最大の特徴は、組織表面吸収型のレーザーであり、CO2レーザーの約10倍、Nd:YAGレーザーの約15,000~20,000倍も水に対して特異的に吸収特性を持つことです。水分を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、熱の発生が少ないため「痛み」が非常に少ないということが挙げられます。また、Er:YAG レーザーは、蒸散する反応が照射部位の表層に限定されるため、他のレーザーと比較して透過光による組織深部への影響が少なく安全に使用できます(図1)。これは、インプラント周囲にも安全に応用できると言えます。一般的に、レーザーの使用用途として、軟組織に対する簡単な外科処置・歯周治療・インプラント処置・根管治療など様々な応用を思い浮かべますが、水に対して吸収特性を持つEr:YAG レーザーは、高い硬組織蒸散能力を持つため、硬組織に対しても他のレーザーと比較して蒸散能力に長けています。Er:YAG レーザーではこの特徴を利用し、無痛的なう蝕の選択除去にも応用が可能です。
よって、Er:YAG レーザーの特徴を最大限にいかした応用法としては、①硬組織への応用②インプラント周囲炎の治療への応用③歯周治療、再生療法などへの応用が期待されます。



Er:YAGレーザー
ネット予約はこちらから
 

https://www.haisyano489.ne.jp/yokoishika/i/



ページの先頭へ