院内感染予防

ホーム  »  院内感染予防

歯科外来環境体制加算

当院は院内感染の防止に力を入れており、
厚生労働が認可する「歯科外来環境体制加算」の施設基準をクリアしています
この基準は患者様に安心して歯科診療を受けていただくために、院内感染予防などの外来環境の整備に取り組んでいる医院に認められるものです

個室診療室と院内感染防止

歯科医療に於いて日常的に最も問題となる感染様式は目に見えない飛沫感染です。切削機械や超音波機器などで歯や骨の治療をする際には口腔内の唾液や血液を広範囲に飛沫させていることが分かっています。いわゆる「エアゾル」です。


このエアゾルは小さいもので10ミクロン以下になり、一般的な歯科の主流であるオープンスペースの中に診療台を置いている環境の中では、10分程度で診療室全体に拡散してしまいます。

これは、隣で削っている患者様のエアゾルが他のお口を開けて治療している患者様のお口の中に入るということを意味します。

他人のエアゾルが自分の口の中に入ってくるということは、「ウィルス感染の可能性がある」ということでもあるのです。


海外では一般的に歯科医院の診療室はエアゾルが飛び散らないように完全個室ですが日本ではオープンスペースに何台も診療台を並べて診療しているのが実情です。

エアゾルでの感染リスクを軽減するためにも歯科治療は完全個室の診療室で行い、空気清浄機や口腔外バキューム装置を用いらなければならないのです。

歯科タービンや超音波機器などの歯科器具の滅菌状態が昨今問題視されていますが、エアゾルでの診療室内の空気からの感染リスクも考える必要があります。

ネット予約はこちらから
 

https://www.haisyano489.ne.jp/yokoishika/i/



ページの先頭へ